お気に入り追加必須!最初に覚えるExcel関数

VLOOKUP関数

VLOOKUP関数でできること
指定した値を指定した範囲の一番左端の列から検索し、範囲内の別の列の値を取り出すことができる。

 

VLOOKUP関数の使い方

A列 B列 C列
1 サンプル太郎
2 サンプル花子

 

上記のようなデータがあるとすると、VLOOKUP関数を表示したいセルに入力することで下記のような表示になります。

 

例:表示したい場所がD1に名前、D2に性別だった場合

 

「D1」: =VLOOKUP(1,A1:C2,2,FALSE)
「D2」: =VLOOKUP(1,A1:C2,3,FALSE)

 

D列
サンプル太郎

 

詳しく解説すると、

 

VLOOKUP(検索したい値,検索する範囲,何列目のデータを抜き出すか,完全に一致するデータ)

 

といった中身になります。

 

検索したい値には直接文字を入力することもできますし、特定のセルを参照することもできます。※セル参照の例:VLOOKUP(A1,B1:D10,2,FALSE)

page top