お気に入り追加必須!最初に覚えるExcel関数

IF関数

IF関数でできること
条件によって処理を変えることができます。

 

IF関数の使い方

A列 B列
大阪府 =IF(A1="大阪府","〇","×")

 

上記のようなデータがあるとすると、B列に関数を入力することで下記のような表示になります。

 

A列 B列
大阪府

 

もしA1の文字が東京都なら下記のようになります↓

 

A列 B列
東京都 ×

 

IF関数は「=IF(論理式,真の場合,偽の場合)」という風に書きます。

 

今回の使い方例では文字列で論理式を書きましたが、サンプルでよく紹介されている何点以上なら合格といった使い方も可能です。

 

ANDやORを組み合わせて使うで複数条件にも対応できるので、活躍する機会が多く仕事の効率化に非常に役立ちます。

 

IF関数は単独で使うことも、他の関数と組み合わせて使うことも非常に多い、重要な関数になるので必ず覚えておきましょう!

 

page top